読みにくいメモ

全然わからない。俺は雰囲気でプログラムをやっている。

C#について if文の省略とswitch文の注意点。

 

プログラミング初心者の僕がつまずいた「C#の初歩的知識」についても書き留めておく。

 

今回はif文の省略とswitch文について

 

 

if文の省略

他の言語は知らないけど、if文はいろいろ省略できるらしい。

例えば

if (flag == false) {

    flag = true;

} else {

    flag = false;

}

 

 

みたいなboolの表示は以下のようにできる。

if (!flag) {

    flag = true;

} else {

    flag = false;

}

 

で、さらに省略すると

flag = ( !flag ) ? true : false;

 

これすべて同じ文です。

 

 

ちなみにelse以降がいらない場合は

flag = ( !flag ) ? true : flag;

 

 と、書くそうな。

 

 

 

switch文の注意点

僕がミスったのは、switch文の中でreturnを使ってしまったこと。

string messe () {

    switch (num) {

        case 0:

            string str = "エフエフ15やりたい";

            return str;

            break;

        case 1:

            string str = "大鷲のトリコやりたい";

            return str;

            break;

    }

}

 

みたいなコードをunityで使うと

Unreachable code detected

 

 なんてワーニングが返ってくるはず。

 

 

これはswitch文の中でreturnしてるからよくない。

なので

string messe () {

 string str = "";

    switch (num) {

        case 0:

            str = "エフエフ15やりたい";

            break;

        case 1:

            str = "大鷲のトリコやりたい";

            break;

    }

    return str;

}

 

みたいな感じに出してやるとよい。

 

 

他にもいろいろあると思うけど、とりあえずこれまで。