読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読みにくいメモ

unityとかゲームとか面白そうなもの

TweenAnimationについて -その1 Tweenとは-

unity

 

昨日、久々に東方紅魔郷をプレイしました。

やっぱりBGMが神かがってますね。

 

 

それはさておき

昨日は、ブログ書いてないので、unityでなんかつくるときに重要なTweenについて書こうと思う。

 

Tweenってなんぞね?っていう人には「とりあえずググれカス」と言いたいところだけど、ググってもツイッターのクライアントしかでてこないので、簡単に説明します。

 

 

Tweenって?

簡単に説明すると今回(僕の)場合、Tweenとはツイッターのクライアント」アニメーションさせるプログラム」の事をさします。

 

AssetStoreでTweenと検索すればわかるが、

iTween、Gokit、HOTween、LeanTween、、、

などなど、様々なTweenのAssetがStoreにゴロゴロ転がってる。(しかも無料)

こいつらめっちゃ便利なんです。

 

 

使い方

例えば、「だんだんオブジェクトを早くする」「だんだん大きくさせる」と、いったような「だんだん~する」みたいな実装をする際に用いる。

 

例、「だんだん透過させる」

※ポリゴンショックに注意

f:id:HarakeN:20161118195352g:plain

 

 

「だんだん~させる」には、素でコードを書くと、えらくめんどくさい。

 

それがこのTweenAssetを使えば2、3行で実装できてしまう。

 

 

使い方はAssetによって変わるので注意が必要。

ちなみに僕が使ったことあるAssetはGokitとLeanTween。

 

今回はLeanTweenを使って実装した。

 

 

今回はこの辺で

そのうち細かく噛み砕いて書いてく。