読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読みにくいメモ

unityとかゲームとか面白そうなもの

マイクロソフトのHoloLens -その1 開発環境つくる-

ものすごく退屈だったところに、先日、マイクロソフトから発売されたHoloLensが会社にやってきたので、いろいろいじってみた。

f:id:HarakeN:20161108194943j:plain

 

 

とはいえ、動作環境を作るのにものすごく時間がかかったから

とりあえず今回はセットアップの手順だけ書いとく。

 

 

まず、開発に必要なPCのスペックは

 

・Windows10 Pro

・4コアCPU

・8GB以上のメモリ

BIOSHAV、SLAT、DEPをサポート

DirectX 11、WDDM 1.2 driver以上をサポートするGPU

 

 

ハード的には普通のゲーミングマシンを持っているならまず問題ない。

ただ、ずっこけたのが Win10 Pro でないといけなかったところ。

 

なんでぇっ!?

とおもったが、どうやらHyper-VとやらがHoloLensのエミュレータに必要らしい。

これは Win10 Pro にしないと有効にできない。

 

Win10 Homeからアップグレードは設定から行えるので買い替える必要はないが

アップグレードすると13000円ぐらいかかるし、Microsoftアカウント作れいわれるし、かなりめんどい。

 

ただ、MicrosoftアカウントはHoloLens本体を使用するときにも必要なので、作っておかなければならない。

 

 

 

 

んで、ハードがそろったら今度はインストールするもの一覧

一応、公式URL >> Install the tools

 

・Visual Stadio 2015 Update 2

・Unity HoloLens Technical Preview Beta 10

・HoloLensEmulator

 

 

UnityはHoloLens用に書き出せるバージョンが決まっているようで

5.4.0以上ならおkってことではないらしい。

と、いうのもUnityからのビルド自体もまだβ段階なのかもしれない。

 

PCのCドラに新しいフォルダを作って、HoloLens専用Unityとしてインストールした方がよさそう。一番新しく安定しているものは5.4.0f3とかってバージョンらしい。

僕もこれをインストールした。

 

 (追記)

インストールに注意するとこ、もう一つだけあった。

Visual Stadioをインストールする際に、チェックしておかなければいけに項目がある。

タブレットとかの書き出しに必要な奴だと思う。これに注意。

f:id:HarakeN:20161109120941p:plain

 

 

 

 話を戻して

あとインストール時に注意するところは、エミュレータは最後にインストールしなきゃいけないところぐらい。

 

 

 

これで、大体は大丈夫。

だが、インストールはめちゃめちゃ時間がかかるので、耐えながら待つべし。

 

HoloLensを持っていない人でもエミュレータをつかえばPC上で動かせるので

来年、日本向けに発売される前に準備しておける。

 

 

次はエミュレータの起動方法とかUnityで書き出す方法とか書くよ。